視神経がダメージを受け 知らないうちに視野が欠けて行く ryokunai_top.gif 自分では見えているつもりでも実は脳が欠けた画像を補正していた
スポンサードリンク

2014年10月25日

加齢性黄斑変性 視野が歪んで見える眼の難病はiPS再生医療で治るのか? 


加齢性黄斑変性(かれいせいおうはんへんせい) と言えば
 
2014年9月12日

iPS細胞(人工多能性幹細胞)を使った世界初の移植手術が

 理化学研究所の高橋政代プロジェクトリーダーらと

 先端医療振興財団のチームによって行われましたので

   報道されお聞きになった方も多いかと思われます。




加齢黄斑変性の70代女性の細胞から作ったiPS細胞を

 網膜の細胞に分化させ、

  シート状にした組織を女性の右目に移植がなされました。

目の難病に画期的な治療が施されたもの と 期待されるのですけれど

・現段階では 根本治療ではなく 症状の進行を押さえる事が目標

・費用は? どうも数千万円かかるようです。   
 
・まだまだ未解明の事があり一般の治療として受けられるのは先のこと。 



一言で言うと  自分の細胞から作った網膜で 移植手術をしたからとて
 

       完治できるのは未だ先の事!
  



それに 再生医療によって 移植治療が受けられるようになっても

 ストレスによる 自律神経の乱れ など

  目を悪くする根本原因が 改善されていなければ

  いずれ再発のリスクは免れないと思われます。



加齢で発祥したのであればいざ知らず 

  好ましくない生活習慣で発祥する事もあり得ますので

 >> ストレスで身体に負荷をかけない術を身に付けましょう。  



posted by 面白い猫 at 17:09| Comment(0) | 加齢性黄斑変性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。